オプテージ

もっと身近に

もっと自由に

あなただけの5Gで創る未来

WHAT’S NEW

2019.10.2
5Gへの弊社取り組みについて
2019.10.1
オプテージ5G Webサイトをオープン

ABOUT

5Gの主要機能

5G

2020年以降に開始する5G(第5世代移動通信システム)は、IoTの基盤技術として期待されています。

  • ■超高速:最大10Gbps(LTEの10倍)
  • ■多数同時接続:100万台/km2(LTEの10倍)
  • ■超低遅延:1ms(LTEの1/10)

ネットワークスライシング技術により、用途に応じた利用やサーバをユーザ近くに設置するマルチアクセス・エッジ・コンピューティングなどのテクノロジーで、新たな利用シーンが拡大していくと予想されています。

ローカル5Gの特徴

ローカル5G

ローカル5Gの基本コンセプトは3点あります。

  1. ①第5世代移動通信システム(5G)を利用
  2. ②地域において、ローカルニーズに基づく比較的小規模な通信環境を構築
  3. ③無線局免許を自ら取得することも、免許取得した他社のシステムを利用することも可能

ニーズに応じて利用できるローカル5Gは、閉じたネットワークであるため高セキュリティを実現できると考えられています。

FEATURE

閉域ネットワークの
ご提供

オプテージは自ら光ファイバーを有し、専用線サービス、VPNサービス、インターネット接続サービスおよびモバイルサービスを提供しています。ローカル5Gを組み合わせることにより、リモート拠点間の閉域ネットワークを構築することができます。

またインターネット接続を希望される場合も、接続箇所をまとめることにより高セキュリティのネットワークを整備することができます。

オプテージ閉域ネットワーク

お客さまの用途に応じた
柔軟対応

オプテージはお客さまのニーズやご利用用途に応じてローカル5Gを柔軟に構築します。具体的には端末の用途に応じて通信品質や宛先を変更します。宛先はMEC対応はもちろんのこと、要望に応じてインターネット接続やクラウド接続を実現します。

ネットワーク全体を
24時間365日監視

弊社は通信事業者として24時間365日ネットワークを監視しています。ローカル5G含め、ネットワーク全体を監視することができるため、もし障害が発生した場合も早急に発生箇所を特定し障害復旧に尽力します。

ネットワーク全体を24時間365日監視

USE CASE

  • スマートファクト

    スマートファクトリー

    ローカル5Gの超低遅延は、協調ロボットを操作・停止させるために有効です。

  • 物流倉庫

    物流倉庫

    作業や運搬がケーブルによる支障がなくなり、自動搬送装置による生産性向上にも役立ちます。

  • 遠隔医療

    遠隔医療

    病院と遠隔地にある診療所間でも、高精細な画像による診断ができます。

  • 遠隔業務支援

    遠隔業務支援

    熟練者が高精細な映像を利用して、遠隔で現地の作業員の業務を支援できます。

  • 教育施設

    教育施設

    接続数を気にせず、同時接続でスムーズに授業を進めることができます。

  • 集合住宅向けインターネットサービス

    集合住宅向け
    インターネットサービス

    マンションなど建物内に配線する必要がなく、インターネット等をご利用いただけます。

オプテージでは、お客さまがローカル5Gで解決したい課題や
未来のなりたい姿などを募集しています。