Hybrid Cloud with Microsoft Azure

概要

Azureは、マイクロソフトがグローバルで展開しているパブリッククラウドサービス(共有型クラウド)です。
オプテージでは、このサービスを活用し、共有型・専有型のクラウドサービスを最適な環境設定で活用できるように、両データセンターを仮想ネットワーク接続で結び、ハイブリッド型システムの設計・構築・運用サービスまでを提供・支援します。

ハイブリッドクラウドのイメージ

ハイブリッドクラウドの最適なクラウド環境のサポート

多忙なお客さまに代わり適切なハイブリッドクラウドサービスを選択、導入から導入後の運用管理までフルサポートで対応いたします。

特長

コストの最適化

  • 対象システムのアセスメントを実施。最適なクラウド利用環境をご提案し、対象システムにかかるコストを最適化いたします。
  • 定期的にクラウド利用状況を調査。常に最適な利用状況を目指すことで継続してコストの最適化をサポートいたします。

安心・安全なクラウド利用

  • 経験豊富なエンジニアがクラウド環境を設計。セキュリティを十分考慮したセキュアなクラウド環境をご提案いたします。
  • 技術問い合わせや障害切り分けを実施。専門的な知識がなくても安心してご利用いただけます。

運用負荷の軽減

  • 煩雑な設定や操作を代行。簡単な申請でクラウド利用することができるため、お客さまの運用負荷を軽減できます。
  • アセスメントサービス
    経験豊富なコンサルタントのアセスメント結果から、クラウド活用の方向性を確認、意思決定いただけます。
  • 導入サポート、マネージメントサービス

活用シーン

(1)システムの最適配置

  • 利用ピークの変動が大きいフロントエンドサーバには、パブリッククラウドを活用し、コストを最適化
  • 高信頼性や確実な処理能力が求められるバックエンドサーバには、プライベートクラウドでサーバ集約し、性能・品質を確保

(2)期間限定キャンペーンサイト向け

  • 利用状況に応じて、必要な仮想マシンだけを用意
  • 従量課金制につき、使った分だけ支払うので、効率的なコストパフォーマンスを実現
  • プロジェクト立ち上げも、よりスピーディーに(5営業日以内)

(3)災害対策

  • データセンターの準備やハードウエアの調達を行う必要がなく、お客さまの運用も不要
  • 平常時は、バックアップサイトの仮想サーバを停止させておくことで、コストを節約

料金

「①Microsoft Azure」と「②オプテージ(基本サービス)」をベースに、
「③オプテージ(オプションサービス)」を加えた金額が利用料金となります。

料金(参考)

(税抜価格)
サービスの種類 料金 単位 サービスの補足
①基本サービス 7,600円 1仮想マシン毎月額 技術的な問い合わせ対応、
初期設定作業、死活監視(PING)、
障害対応支援、課金レポートを含む
仮想マシン ②Windows(standard)
A1インスタンスの場合
9.69円 1時間ごと スペック
CPU:1コア、メモリ:1.75GB
③Windows(standard)
A5インスタンスの場合
31.62円 1時間ごと スペック
CPU:2コア、メモリ:14GB
ストレージ ④BLOB LRS
[ディスク容量課金]
2.45円 1GBごと 冗長性
データセンター内で2つの複製を作成
⑤ストレージトランザクション
[アクセス課金]
0.37円 10万トランザクションごと ストレージに対する
読み取り操作と書き込み操作
ネットワーク ⑥VPN ゲートウェイ
[回線課金]
3.68円 1時間ごと -

【基本構成の料金例(上記料金表による) 】
① + ( ② または ③ ) + ④ + ⑤ + ⑥

契約約款

Hybrid Cloud with Microsoft Azureサービス利用約款 [PDF:276.66KB]

  • ◎ご契約者のみ閲覧可能です。

関連商品サービス

  • Microsoftのソリューションパッケージ「Microsoft 365」のライセンス販売およびご利用サポート

  • いつでもどこでも、各種デバイスから自分のデスクトップ環境を利用できる仮想デスクトップサービス

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

何かご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

企業情報