マルウェア不正通信フィルタリング

概要

マルウェア※1の感染による不正通信を弊社インターネット網内でフィルタリングするサービスです。

本サービスでは、マルウェアに感染したパソコンなどの端末から、C&Cサーバ(悪意のある第三者がマルウェアに感染した端末を遠隔で操作指示を出すサーバ)に通信する際、その通信を自動的に検知・遮断します。
これにより、C&Cサーバへの接続を防ぎ、機密情報の流出などお客さま業務への影響を軽減します。

  • (※1)マルウェア
    マルウェア(Malware)とは、不正かつ有害な動作を行う意図で作成された、悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称。
    マルウェアに感染すると、悪意のある第三者のC&Cサーバと接続されることで、機密情報の流出やDDoS攻撃※2の加害者となる恐れがあります。
  • (※2)DDoS攻撃
    インターネット上の膨大な送信元の端末(一般的にはBotnetと言われ、例えば数万~数十万の感染した端末)から、攻撃対象のインターネット上の各種サーバなどに対して大量の攻撃パケットを送りつけ、サービスの停止・妨害を狙った攻撃手法。
マルウェアブロッキング

①インターネットサービスへアクセスする場合、そのアクセス要求に付随するドメイン情報を自動的に検知し、弊社の保持している悪意のあるサーバのドメインリスト(ブラックリスト)と照合します。

②合致した場合、その通信を遮断し、C&Cサーバ(悪意のある第三者がマルウェアに感染した端末などに遠隔指令を出すサーバ)への接続を防ぎます。

ご利用料金

ご利用料金 無料

対象サービス

お申し込み

不要
(パソコンやネットワーク機器のネットワーク設定において、弊社DNSキャッシュサーバを指定されているか、もしくは「DNSサーバーを自動取得」の場合は、本サービスが適用されます。)

注意事項

  • 本サービスは、お客さまのパソコンなどの端末がマルウェアに感染することを防止する機能ではありません。
    (マルウェアを駆除する場合は、クライアントセキュリティサービス(ESET)をご利用ください。)
  • C&Cサーバとの通信を全て遮断できるとは限りません。
  • 本サービスは、C&Cサーバへの通信を「自動的」かつ「機械的」に遮断しているため、詳細については開示できません。
  • C&Cサーバへの通信遮断を行われたお客さまへは、遮断実施のご連絡メールをお送りいたします。
  • 安心して弊社インターネット接続サービスをお使いいただくためにも、本サービスのご利用を推奨しますが、利用されない場合は以下サイトをご参照いただき、ネットワーク機器などの設定変更をお願いいたします。
    ■インターネットハイグレードご利用の場合はこちら
    ■インターネットオフィスご利用の場合はこちら
    ■オフィスeo光ネットご利用の場合はこちら
お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

何かご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

企業情報