INTERNSHIP
BUSINESS

本事業の
これから

長尾 博之
コンシューマ事業推進本部
サービスマネジメント部長
長尾 博之

社員全員が“お客さま起点”を大切に、人々の未来の豊かな暮らしを考え、創る

 私たち『オプテージ』のコンシューマ事業(FTTH、エネルギー、MVNO)は、競合他社と常に激しい競争を繰り広げています。その競争を勝ち抜くために徹底しているのが“お客さま起点”です。すべてはお客さまから始まる、という考えのもと、“お客さまに選ばれ続けるためには?”、“お客さまに喜んでいただくためには?”と、社員一人ひとりが日頃から考え、実践しています。

 “お客さま起点”は、お客さまと直接接する社員だけではなく、サービスの開発や品質改善、工事の設計施工といった現場、WebサイトやSNSなどのデジタル接点やサポートなどの間接部門においても大切にしているもの。まさにコンシューマサービスに関わる全ての社員、協力会社を含めて全員に浸透しており、これこそが私たちの強みになっているのです。

 最近はテレワークやリモート学習、動画視聴時間の増加など、生活スタイルが変化し、これまで以上にインターネットは欠かせないサービスとなっています。その中で「eo」、「mineo」は、従来の電気通信を提供するインフラサービスに留まらず、この先どのようなことが望まれるのか?を考え、実現することが不可欠。プロフェッショナルとして半歩先を読んで、その先にある人々の暮らしや豊かな未来を生み出していけるかが課題であり、私たちの使命です。

目指す将来を明確に描き、事業、組織、そしてお客さまの未来も共に創っていく

 「eoサービス」においては、eoブランドビジョンという指針を作成し、関係者で共有しています。その中で明記しているのは、『もっと身近に、もっと便利に、もっと楽しく、一人ひとりの生活を支えるパートナーへ私たちは成長していきます。』という、「eo」が目指す姿を表現した言葉。

 一方「mineoサービス」においては、mineo wayという指針を作成し、同じく関係者で共有しています。特に『共有して、共感して、仲間と一緒に創っていこう。前例のない未来へ、自ら挑戦しよう。』という言葉は、サービスを提供する上で重要な考えとして位置づけています。

 「eo」と「mineo」では、表現こそ異なりますが、“お客さまとの距離感”をどう考え、大切にするかという点で共通しています。そこには、「私たちはお客さまに向き合い、離れないようにいつも近くにいたい。そしてより良い暮らしや未来を共に創っていきたい」という信念が込められているのです。

 私たちは通信事業者として将来的には、インフラサービスだけではなくもっと生活領域に入っていく必要があると考えています。そのためにはAIやIoTなどの新技術を駆使して、住宅、飲食、教育、家電、配送など様々な分野にも事業・サービスを広げていくことが重要。もちろん自社だけではできないことも多いため、パートナー企業との提携も必要不可欠となるでしょう。

本事業のこれからの仕事風景 またその分野には、これまで以上に激しい競争が待っていることは間違いありません。よりシビアな環境で勝ち抜くためにも当面は基盤サービスであるFTTH、エネルギー、MVNOの品質・信頼性をより一層強固にしていく必要があります。またサービスの充実・促進だけでなく、将来を見据えた人財の育成までを含めた事業基盤の強化が、当社のより良い未来を創ると私たちは信じています。

現状否定、日々変化の意志を持ち続け、自ら積極的に行動する人材と共に未来を

 コンシューマ事業と一口に言っても企画系、営業系、技術系、サポート系、管理系と様々な業務があり、必要とする素養・スキルもそれぞれ異なります。そのため「このような人材が望ましい」とは一概に言えません。でも共通して言えるのは「現状を良しとせず、もっと良いもの、もっと良いことができないかを常に考え実行しようとする人」が当社に相応しいと考えます。

 通信業界は技術の進歩も競争も激しく、マーケットは常に動いています。「これまではこうだったから」という過去の慣習が通用せず、惰性で仕事をしていては生き残れないでしょう。だから、どんな業務に就くとしても、常にベストはなにか?改善方法はないか?を考える必要があります。これは、まさしくコーポレートスローガンである“What's next?”を意識し、常に考える人でもありますね。

 コンシューマ事業推進本部では、この考えを持ち、なおかつ実行しようと積極的に動く人を求めています。もちろん、一人ではできないことも多いでしょう。そんな時は、皆でやれば、成し遂げられることもありますので、個人としては、実現に向けた強い意志を持ち、プレゼンテーション能力、ネゴシエーション能力、ファシリテーション能力を磨いていってほしいと思います。

学生のみなさんが当社で働くことに憧れ、未来への希望を持てる会社であり続ける

 就職活動中は、多くの企業の人や他の学校の学生と話をする機会が増えることと思います。その中では、これまで知らなかった世界や価値観、その業界の話などを聞き、勉強になることが多々あるでしょう。その意味では、日々の学生生活、会社訪問などで自分の時間がなかなか作れず大変だと思いますが、就職活動を一生に一度の貴重な時期・経験だと思って、ぜひ前向きに取り組んでください。

本事業のこれからの仕事風景 当社への就職活動を進める中で、私たちと一緒に働くイメージを持っていただき、「この会社で働きたい!」と思っていただければ幸いです。私たちも、学生のみなさんが「あのオプテージに入社したい!」と憧れを持って当社を選んでいただける、そんな会社になれるよう、What's next?の精神で日々邁進していきます。

×