INTERNSHIP
BUSINESS

本事業の
これから

西田 政幸
ソリューション事業推進本部
ソリューション事業統括部門
ソリューション事業戦略部長
西田 政幸

事業領域の拡大により進化したICT技術で、アドバンテージをさらに広げていく

 2019年4月に実施された関西電力グループの組織再編により、『オプテージ』として新たなスタートを切った私たち。そうした中で、当社が提供する法人向けソリューション事業は、関西圏全域を網羅する電気事業という巨大インフラビジネスを支えてきた高度な通信インフラ・システム開発技術やその運用ノウハウを獲得し、ソリューションレベルが格段に向上しています。

 2020年の夏には、コンサルティングからシステム開発・インフラ/ネットワーク構築まで、トータルでご提案できる営業体制の強化を図るとともに、お客さまの課題解決に向けた新たなソリューションを生み出すサービス開発体制の強化を目指した組織改正も実施しました。

 そして現在、私たちが目指しているのは、『ワンストップX(クロス)ソリューション』をスローガンに、『“お客さま起点”』で考え、お客さまに寄り添い一緒になって解決策を考えることでお客さまのベストパートナーとなること。今後も日々変化し続ける情報通信分野の一歩先を見すえながら、常にお客さまのために変化を恐れず進化をし続けていきます。

新しい時代に対応したソリューションをワンストップで提供しお客さまを支える

 新型コロナウイルスは、私たちの身近な生活や企業の運営方法、社会のあり方までをも大きく変えてしまいました。そうしてこれから始まるアフターコロナ、ニューノーマルの時代において、お客さまである各企業では、業種を超えた競争の拡大や働き方改革に対応する業務改革など、様々な課題と向き合うこととなります。現状として、今まで以上にデジタル技術を活用した事業変革や業務の見直しが不可欠となり、従来型の情報システムと通信インフラを切り離したサービスの提供は時代遅れとなってきています。

本事業のこれからの仕事風景 そのような状況の中で、まさに今、お客さまに求められ、必要とされるのは、情報通信技術やデジタル技術が一体となったソリューションサービスです。こうした新しい時代のニーズ、お客さまの変化に対して、オプテージはコンサルティング、アプリケーション、プラットフォーム、ネットワークやセキュリティに至るまで、トータルソリューションをもってお客さまのこれからのデジタルトランスフォーメーション(DX)を強力に支援することでお客さまとともにさらに飛躍を目指していきたい。そんな未来への成長ビジョンを描いています。

色んなこと、些細なことにも疑問を持ち、自発的に考え行動する人の活躍に期待

 ソリューション事業領域は、お客さまにワンストップでサービスを提供するため、営業や開発、運用、保守など、様々な機能を持った部門が統合された組織となっています。その組織が最大限の力を発揮するためには、各部門で働く社員全員が一体となり、「お客さまの課題を解決する」という一つのベクトルに向かって動くこと、そして、次々と新しいソリューションを生み出すといった明確な目標意識を持つことが大切。その上で、失敗を恐れずにお客さまと一緒に課題解決に取り組む本当の意味でのチャレンジ精神が必要不可欠です。

 もっと個人にフォーカスしたことで言えば、「あれはなんだろう?」「これは一体どういうことか?」といった些細な疑問にも敏感になり、お客さまと一緒になって考え、悩み、喜べる、そんな真摯な姿勢と少しの遊び心を持った人なら大歓迎です。常に何か疑問を持ち、自ら進んで課題解決に取り組めるような行動力を持った人の活躍を私たちも期待しています。

新しい当たり前、新しい世界を一緒に創っていく若きチャレンジャー達へ!

 アフターコロナ・ニューノーマルという言葉が飛び交い、今までの当たり前が通じなくなった昨今。今後のみなさんの身の回りや社会は、これまで以上に大きく変化していくことが想定されます。その中で、今までにない新たな価値を生み出す可能性を秘めた「情報×通信=新たな鼓動」を一緒に感じ考え、行動する。そんなワクワクを私たちと一緒に体験してみませんか?

 「オプテージってどんな会社なの?」「スローガンのWhat's next?って?」と思っているあなた。ぜひ私たちと新しいことにチャレンジして、これまでにない新しい何かを創り出す感動を味わってください!

本事業のこれからの仕事風景 新しい日常を産み出すワクワク・ドキドキは、時に厳しく辛いことも多々あります。でも、きっとそれ以上の楽しいことや成長した新しい自分に出会えるだろうと思います。少しでも新しいことにチャレンジしてみようと考えている人と一緒に新たな世界に挑戦できることを、私たちは楽しみにしています。

×