ユーティリティ クラウド

ユーティリティ クラウド サービス内容

概要

通信キャリアが提供する安心・信頼の「アプリ提供クラウドサービス(SaaS)」。『ユーティリティ クラウド』なら広帯域最大10Gbpsのインターネット回線やクラウド上でUTMも利用できるため、リモートアクセス時のパフォーマンスやセキュリティも安心です。
データ転送料金は定額制であり、トラヒック急増による追加費用を考慮する必要はありません。

特長

設備と運用のコストを削減

業務推進に不可欠な複数のアプリケーションをクラウドサービスで利用可能なため、お客さまでサーバなどの設備を所有する必要がなく、運用管理の負担を低減し、コスト削減を実現します。

高セキュアなネットワークで利用可能

弊社VPNサービスとの直接接続

お客さま拠点とクラウドを高品質、高信頼のネットワークサービス(イーサネットVPN、IP-VPN)で直接接続できるため、業務情報の漏えいやネットワーク停止による業務の停滞を防ぎます。

「占有型」だから安心

お客さまごとに専用サーバをご準備(シングルテナント)しているため、セキュリティも万全です。

セキュリティ対策サービスもご用意

弊社インターネット網内でDDoS攻撃の対策を行う「DDoS対策サービス(オプションサービス)」もご用意しております。

ユーティリティ クラウドが提供するサービスログを24時間365日収集・監視・分析を行う「マネージドセキュリティサービス」もご用意しております。

豊富なアプリケーションラインアップ

メール、ウイルス対策、グループウエアなど、業務推進に不可欠なアプリケーションを豊富に取り揃えており、弊社回線サービスと合わせて業務に必要な環境をワンストップでご提供いたします。

万一の情報漏えい事故にも備える「サイバー保険」を付帯したセキュリティサービスもご用意!

サイバー保険付帯セキュリティサービス

内部犯行やビジネスメール詐欺などのセキュリティシステムの守備範囲外で生じる一定の事故により発生した「損害賠償」について、保険による補償を受けることができるサービスです。「セキュアゲートウェイ【Type2】Plus」にお申し込みいただくだけで、サイバー保険が自動付帯となるので、お手続きも簡単です。

  • (注1)本サービスは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と提携したサービスです。
  • (注2)本サービスのご利用は、一部業種のお客さまなどご利用いただけない場合があります。
サイバー保険の適用範囲(本サービスの監視対象ネットワーク)
サイバー保険の補償概要
保険種類 サイバーセキュリティ保険
支払限度額
(補償期間中につき)
賠償損害 上限1億円
免責金額 なし
補償期間 本サービスの契約期間に準ずる(補償はサービス開始日の翌日午前0時から開始)
保険金などをお支払いする
主な事故

本サービスの監視対象ネットワークの所有、使用または管理に起因する
次のいずれかの事由について、被保険者が被る損害

  • 他人の情報の漏えいまたはそのおそれ。
    ただし、次のいずれかに該当する場合に限ります。
    • ネットワーク上に存在する電子情報がネットワークから
      直接的に漏えいまたはそのおそれが生じた場合
    • ネットワーク上に存在する電子情報がネットワークから
      電子媒体により持ち出され、漏えいまたはそのおそれが生じた場合
  • マルウエア感染による他人の業務の阻害
お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

何かご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

企業情報